そばかずの特徴を知ろう|発生する原因と治療法

ドクター

そばかすを隠すためには

ナース

そばかすが出来る時期として、思春期などの子供のころに出来る人が多いためそばかすを消したいと考えている人は多くいるのではないでしょうか。ですが、そばかすはセルフケアで改善させるのは難しいため、完全に消したいなら美容外科や皮膚科で専門的な治療を行なわないといけません。レーザー治療など効果的など両方が数多くあるので、じぶんのそばかすの数や濃さによって、どのような治療法が良いかちゃんと決めると良いでしょう。
また、そばかすを事前に予防することは自分でも行なうことが出来ます。日常的に美白成分が十分に配合されている化粧品を使用することで、紫外線によるそばかすはある程度防ぐことが出来ます。継続して行うことが大事になっていきますので、使用する化粧品は自分にとって高いものを無理して使い続けるよりも、安いものを毎日たっぷりと使用できる化粧品を選ぶことがポイントとなります。一般的に医薬部外品でもリーズナブルな値段で入手することが出来る化粧水などはたくさんあります。また、大人になってもそばかすが薄くなることがない場合は、遺伝が原因で発生していないので美容外科などに行くようにしましょう。洗顔やクレンジングなどのスキンケアを行なうにあたって、力を入れて洗ったり、タオルで顔をふくときにゴシゴシと擦ったりすると肌にダメージを与えてしまっている可能性があります。そばかすは光による反射で目立ちにくくすることは可能ですが、肌の表面に傷が出来てしまうと肌の反射率も落ちてしまい、逆にそばかすが目立ってしまいます。そのため、洗顔やクレンジングは出来るだけ優しく丁寧に行うことが大事なので、それを心がけましょう。
すぐに美容外科などに行って治療を行なえない人は、治療をする間はそばかすを隠すメイクにもチャレンジすると良いでしょう。現在は色々なコスメアイテムがあるので、使い方によってはしっかりとそばかすを隠すことが出来ます。コントロールカラーを使用して、色ムラをカバーしたり、そばかすの部分はファンデーションを叩いてのせるなどの方法があります。ベースメイクのときには化粧下地に色が付いたコントロールカラーが重要になりますので、所持しておくと便利でしょう。ファンデーションもちゃんと自分の色にあったものを使用するのが良いですよ。